• 火災保険の対象となる雨漏りとは

    火災保険は火災と名に付いていることから、火事によって家が燃えた時にだけ適用される保険だと考えている人が少なくありません。ただ実際には火災のみではなくさまざまな自然災害から家を守る保険であるため、雨漏りでも場合によっては補償の対象になるケースがあります。では具体的にどういった雨漏りであれば対象になるのかと言うと、基本となるのは災害が原因によって引き起こされているものです。

    雨漏りを引き起こす原因にはさまざまなものがありますが、その多くの原因となっているのが経年劣化によるものです。


    例えば雨どいにゴミが詰まって流れなくなった、屋根が老朽化して壊れてしまったといった原因はよく見受けられますが、これは経年劣化によって引き起こされたものとして判断できます。



    その場合、災害による被害を補償するという火災保険の性質とは異なってしまいますから、この場合は残念ながら対象外となります。

    ただ災害によって引き起こされた、例えば台風によって屋根が破壊された、排水設備が破壊されたといったようなケースであれば、それは災害による被害であるわけですから対象として扱われる可能性が十分あるのです。



    しかし少々注意が必要なのは、災害によって破壊された後、しばらく気づかずにいて雨漏りが発生した場合です。この場合、その原因が災害によるものか、経年劣化によるものか判断が難しいことがあり、場合によっては経年劣化ということで対象外になることがあります。



    ですので火災保険による雨漏りの修理が可能であるということは覚えておいて、台風などがあった場合には一度住宅を点検し、問題が起きてないかどうかチェックしておくようにしましょう。