• 雨漏りは保険で直せる場合が有ります

    雨漏りがした場合には出来るだけ早く修理しないと被害が拡大してしまいます。

    その為、慌てて業者を呼んで修理を依頼して、修理代金は自己負担で支払うというのが一般的ですが、この場合修理代が高額になってしまうことも多く、急な出費ともなってしまうため非常に痛い物となります。



    自分の家だし長年住んでいる家だから仕方がないと考えている人が多いものですが、実は保険で修理できることも多いのです。

    雨漏りの原因は経年変化により屋根が腐食してしまうものですが、その腐食の原因が強風により煽られて水が浸入した物であったり、雪の重みや台風など、自然災害に起因すると考えられる場合には火災保険が適用される場合が有ります。



    又、屋根がさびて雨漏りを起こしたり、コケなどが生えてしまった場合でも、その原因が風や雨、雪などの自然災害によるもので有ることが認められれば、火災保険で修理をすることができるのです。


    火災保険には住宅が自然災害が理由で損壊した場合にその修理費用を補償するという項目が有ります。
    雨漏りの他にも、外壁のひび割れや雨どいの破損なども修理できることが有ります。

    但し、その原因が自然災害にあるかどうかは第三者機関の判断によります。

    しかし、日本のように自然災害が比較的多い地域では100%経年変化で家がいたんでしまうことは殆どありません。



    そのため雨漏りがした場合には慌てて修理する前に、保険会社や有識者に相談することが出費を抑える秘訣です。