• 雨漏り修理は火災保険をチェック

    日本は台風が多い国なので年に何度か強風が吹き、酷い場合には家の屋根を破損してしまうことがあります。

    家のメンテナンスは数年置きに必要ですが、台風等で屋根が破損され雨漏りするということになると、緊急に対応しなければなりません。
    屋根の修理は業者によって見積り額が大きく変わりますが、実はこの屋根の修理代はほとんどの家が入っている火災保険でカバ−することが可能な場合があるので、覚えておくとよいでしょう。


    火災保険というと火事になどの火災に関する補償というイメ−ジがありますが、火災だけに適用されるわけではありません。

    火災の他に落雷、風災、雪災やひょうなど、意外と手厚く補償してくれるのです。屋根の雨漏りはこのうちの風災に該当します。


    風災というのは文字通り台風によって屋根が飛ばされたり、強風で瓦が吹き飛ばされてしまうなどの風による被害です。



    そして雨漏りが風災によるものであれば、火災保険が適用される場合があるのです。

    その際の条件としては、雨漏りの原因である屋根の破損が3年以内の強風によるものであることが認定されることと、被害額が20万円を超えるということです。屋根の修理代はほとんどの場合が20万円以上しますので、是非火災保険を利用して無料で修理ができるか確認してみるとよいでしょう。



    自分で現場調査等を行う業者を手配することもできますが、書類の作成が煩雑なので専門業者に依頼することをおすすめします。



    それにたとえ火災保険を利用して補償されたとしても、今後の料金が上がるということはありません。
    屋根の修理は大きな出費になるので、検討の価値はあるはずです。